水野陽一のせどり歴

僕は、2016年の8月頃からせどりを始めました。
 
Amazonに出品者アカウントの登録をして、中古のビームも買ってせどりを始めました。
 
分からないことばかりでしたが、少しずつせどりの世界に入っていきました。
 
 
この頃は、Amazonの小口出品者でしたが、いろいろ制約も多く、しばらくして、大口出品者に変更しようとしていました。
 
小口出品者は、登録料は無料で販売一成約毎に100円の手数料がかかっていましたが、大口の月5,000程の登録料が払えるほど利益を出せるとは思っていなかったのです。
 
しかし、小口は制約が多いので、大口に変更しようとしたところ、ちょうど、Amazonのアカウント乗っ取りが問題となっていた時期で、2段階認証が導入された頃でした。
 
その影響からか、小口出品者から大口出品者への変更受付が全面的に凍結されていました。期限も無期限でした。
 
ヘルプデスクに問い合わせたところ、アカウントを削除して、再度取得する方法しかありませんでした。
 
しかし、再度取得するにも、小口での最終販売から3ヶ月を経過しないと再取得できないとのことで、暫く放置し、それからせどりからは離れて行っていました。
 
それから約1年半せどりから離れていましたが、小澤竜太先生のディスカバリーアカデミーを受講していたところ、ゴードンさんの「ながらせどり」の紹介キャンペーンがあって、ながらせどりに出会いました。
 
一度は諦めたせどりでしたが、もう一度やってみようと取り組むことにしました。
 

僕の師匠ゴードンさんの「ながらせどり」をもっと知りたい方はこちらから
   ↓